鹿児島の内田歯科医院は、歯の噛み合わせを矯正するテンプレート療法で頭痛・不眠やいびき、睡眠時無呼吸症候群でのお悩みを改善する「街の歯医者さん」です。

当院の歯周病治療

歯周病は定期的なケアが必要です。
当院では、歯周病専門医があなたの治療を行います。
歯科医・歯科衛生士が継続的な検診・メンテナンスで
歯周病予防をお手伝いします。

当院では、6ヶ月ごとに
無料でホワイトニングも行っております。

歯周病について

我が国では40歳以上の約8割の方が歯周病を持っていると言われています。
この病気は、歯を支えている組織が侵されるもので、痛みを伴わないことが多く、 自分では気づかぬうちに進行していきます。

歯が揺れる、よく噛めないなどの自覚症状が出るころには かなりの組織が崩壊しており、治療が困難になることが多くなります。

当院では患者様のお口の状態を分かりやすく説明し、 治療内容を把握して頂いてから治療を行っております。

当院では2人の歯周病専門医が確かな技術で治療を行っております。

歯周病は予防と、定期的な検診が重要です。
当院では、患者様の症状に合った丁寧な治療を心がけております。

このような症状がありませんか?

歯茎がむずがゆくなる
歯茎が赤く腫れて出血がある
歯石が沈着する
歯茎がやせてくる
歯茎から膿(うみ)が出てくる
口臭がする
当てはまる症状がありましたか?
ひとつでも当てはまる項目があった方は、 歯周病に罹っている可能性があります。
早めに歯周病の検査を受け、 必要な歯周病治療を受けることをお勧めします。

歯周病の原因と進行状況

歯周病について

歯周病最大の原因は、常に口の中に住んでいる数種類の常在細菌です。

この細菌が集合して活動することで歯垢(プラーク)が形成されます。
その中で酵素や毒素が発生し、 歯ぐきだけではなく 歯を支えている骨まで破壊していきます。

ひどい場合には歯が抜け落ちてしまいます。
また、プラークが長く歯の表面に付着してると、 プラークは硬い歯石になります。

こうなると細菌の活動はなくなるのですが、 表面がザラザラしているため一層プラークが付きやすくなります。

初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がありません。
歯周病が、小学生の頃から始まっている人もいます。
そのため発病に気付かず、 悪化させてしまうことがよくあるので気をつけましょう。

歯周病の進行状況

健康な歯の状態
歯の付け根や表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。 ブラッシングしたときや、固いものを食べると出血することがあります。 これくらいではまだ痛みもあまりありません。(この段階を歯肉炎といいます)
プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって、歯根膜が溶け、歯肉溝の中にも広がってきます。 歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間が出来ます。 炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。
症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、 歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。 その状態を一般に歯槽膿漏(しそうのうろう)といいます。

歯周病の治療

原因を調べる
綿密な検査をして歯周病になっている原因を調べます。
レントゲンを撮ったり、 歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

歯石の除去
歯周病の大きな原因である、歯石を除去します。
歯石が付くのは、 正しいブラッシングが出来ていないためです。
専門の歯科衛生士によって正しいブラッシングをお教えします。

それでも改善されない場合、重症の場合
歯周病のなおり具合をチェックします。
歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らないときには、 外科的な治療が必要になることもあります。
初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。
歯肉(歯ぐき)を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

定期検診で再発を防ぐ
歯周病は治ってからが肝心です。3ヶ月から6ヶ月に1回は定期検診を受けるようにしましょう。
歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります。
歯周病は早期発見・早期治療が一番です。

当院について
鹿児島市 紫原4-19-7
TEL:099-251-2248
FAX:099-251-2676
Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■診察時間
午前9:00~13:00
午後14:00~18:00
(受付は診察時間終了30分前まで)

■休診日
日曜日・祝祭日
土曜日の午後

これまでどんな方法を試しても
治らなかった
頭痛が治った!
突然襲ってくる、激しい痛み。
頭痛薬が手放せずに日々辛い日々。
学校に通うことができず、家で横に なっているお子様…
多くの方が当院の治療で笑顔と健康を取り戻すことができました。
薬も使わず、歯科医だからこそできる頭痛を根本的に治す当院の 治療法をご説明致します。
院長の著書がインターネット書籍でベストセラーランキング1位になりました。