診療の流れ

当院にお越しの際は、前もってお電話にて予約されますと、お待たせすることもなく、便利です。


1.問診・検査
まずは、患者様が今、困っておられる症状につきまして、 お話し下さい。その後、歯や歯茎などの状態を視診していきます。 必要により、レントゲン撮影や歯周病・体のゆがみ具合の検査を行います。
2-1.応急処置
歯痛や歯が抜けたり折れたりした、虫歯治療痕の詰め物やかぶせ物が外れた、 スポーツ用マウスピースなどを付けたまま怪我した、などによる急性症状の場合は、 日常的に不自由を感じない程度への応急処置を行います。
2-2.基本相談
応急処置の必要がない場合は、今後の治療に関する情報についてお話します。 その場合、患者様が納得して頂けるまで、疑問点がございましたら、ご遠慮なくお尋ね下さい。
3.精密検査
歯周病などの進行具合についてや、インプラントを行う際の口腔内状態などについて、 詳しく検査します。重度の症状の場合や、テンプレート療法を行う場合は、口腔内写真の撮影や 噛み合わせ状態の型取りも併せて行います。
4.診療計画と治療
治療がどのような流れで行われ、どのくらいの時間をようするのか、麻酔の有無、 インプラントや無痛義歯、マウスピースなどに用いる素材や金額、保険適応の有無、 治療後の効果、費用などにつきまして、ご説明いたします。
患者様が納得された方針に従い、治療に移ります。治療期間につきましては、 診療科目や患者様の症状により異なります。
5.定期健診
歯は口腔内にあって、日々食するのに欠かすことはできない一生の財産です。 痛くなったから歯医者に行くとお考えの方がいらっしゃると思うのですが、 それでは遅いのです。虫歯はかなり進まないと痛みはないからです。 歯茎についても同じです。
また、歯磨きを教えてもらった当初は、皆さん上手にできるのですが、 しばらくするとまたいつもの磨き方に戻ってしまってはいないですか?
定期的にお口の中を診せていただくことで、毎日のお手入れの効果を評価し、 悪くなり始めたところがないかをチェックします。
悪くなってからよりも、定期的に検診に来られたほうが、痛い思いをしなくて、 ストレスも少なくてすみます。
普段の手入れを欠かさず、健康的な時に、半年に1回の間隔でお越し頂ければ、 痛い思いをすることも遠のいていきます。「一度痛い目にあったから、今後はしっかりと自分の歯を守り抜く」 との思いをお持ちになり、定期健診もおいで下さい。