テンプレート療法


診療科目

当院院長・内田信友はNPO日本テンプレート研究会会員・テンプレート療法認定です。 一般の方はもちろんのこと、スポーツ選手にも治療実績があります。

当院院長と元近鉄の山本和範(カズ山本)選手

元近鉄の山本和範(カズ山本)選手は、テンプレート治療で腰痛を解消した。 若いころ二度も球団からクビを宣告され、一時バッティングセンターの仕事で生計を 立てたことさえある苦労人の山本。その度に他球団に拾われて42歳まで現役をつづけ、 ダイエー時代には2億円プレーヤーとなった。 その陰にはこの治療法があった。

体験者の声
当院院長著・誰も知らなかった頭痛の治し方
当院院長の著書。
98%の方が効果を実感!
当院院長監修〜頭痛の原因・解消ガイド
当院院長監修

歯の噛み合わせで健康を取り戻すテンプレート療法

テンプレート療法とは

「テンプレート療法」とは、歯のかみ合わせが原因で起こる症状を改善する矯正治療のこと。 顎と首の位置を修正することによって姿勢がよくなり、肩こりや頭痛、 さらには腰痛やめまいが改善されるとして注目されている。


テンプレート療法症例一覧

登録数:5件中5件ヒットしました。 1件〜5件の表示
詳 細 年  齢 性 別 治療期間 主 要 症 状

詳 細 20才代 女性 2ケ月 頭痛 / 肩こり / アトピー(10年)

詳 細 30才代 男性 10ケ月 頭痛 / 不眠症 / 肩こり / 腰痛 / 顎関節症 / 手のしびれ / 鼻炎 /

詳 細 60才代 男性 4ケ月 頭痛 / 不眠症 / 肩こり / 手のしびれ / 高血圧 / 肝機能障害 /

詳 細 50才代 女性 通院3回(3週間) 頭痛 / 不眠症 / 肩こり / 手のしびれ / 首のいたみ

詳 細 10才代 女性 約4年 いびき / 不眠症 / 頭痛 / 鼻炎 /


1 BACK NEXT

テンプレート療法で顎と首の位置を矯正

顎の動きは、下顎だけでなく、上顎との協調運動によって成り立っています。 口を開けると頭は上がり、閉じると下がるので、頭の位置は口を閉じた状態、 つまり上の歯と下の歯がかみ合った位置で決まります。たとえば右の奥歯が磨り減っていたり、 抜けていたりすると、頭は右へ右へと傾いていきます。また、左右両方の奥歯が低くなっていると、 頭はどんどん前に倒れていきます。いわゆる猫背になってしまいます。 テンプレート療法とは、歯並びではなく、奥歯の高さを調整し、頭の位置を正す矯正治療です。 テンプレートという、マウスピースのような形をした器具を装着することによって、 物理的に頭をもち上げるという役割を果たします。その効果は不良姿勢を改善し、脳を休め、 自律神経の安定をはかり、健康を取り戻します。


歯のかみ合わせが体に与える影響

歯のかみ合わせが悪く、頭が前に倒れると、頭を支えようとして首の後ろの筋肉がいっそう緊張します。 首の骨は圧迫され、頸椎ヘルニアや頸椎症(※1)に発展します。また、脳への動脈(権骨動脈)も影響を受け、 脳の血液循環が悪くなり、根気がないとか、すぐに疲労感に襲われることになります。さらに目がかすむ、 めまいがするといった検査値に現れにくい不愉快な症状で悩みます。気のせいとか、ストレスが原因といわれますが、 心当たりもなく精神的な苦痛とも関係するのです。 首の不安定な状態は腰にも及ぴ、腰痛の大きな原因となります。次に、下顎の蝶番であります顎関節と その周辺にも障害が現れます。 顎関節は耳の骨の一都です。かみ合わせが悪いと、そこに大きな力がかかり、 耳鳴りやめまいといった症状が出てきます。さらに、いびきや睡眠時無呼吸症候群の傾向も強くなります。 テンプレートは、顎関節にかかる負担を軽滅できるので、こうした症状の改善にも効果があるのです。

(※1)頸椎症
首の骨の配列異常によって起こる。原因として、交通事故など外傷が多いが 歯のかみ合わせの異常も肩こり、腕や指のシビレ、集中力がなくイライラし、不眠や自律神経失調症をともなう。

歯のかみ合わせが体に与える影響

なぜ「かみ合わせ」が全身に影響するのか?

噛み合わせ運動の中心

成人の頭は約7kgの重さがあり、首の骨と筋肉の微妙なバランスによって支えられている。 頭を支える首の骨には、かみ合わせの運動中心となる@(図1)があり、ここを中心として顎は上下左右に動く。 かみ合わせが悪いと、運動の中心である首の骨がゆがみ、バランスが崩れて頭を正しく支えられなくなる。 そして姿勢が悪くなり、肩こりや腰痛、むち打ち症などといった症状を引き起こす。 また、首から脳に送る血液が不足し、脳の活動を低下させる。


噛み合わせ運動の中心

首の骨と同じく、かみ合わせと深くかかわるのは三叉神経だが、 これは脳に強い影響を与える重要な神経。かみ合わせが悪いと、 アンバランスな情報が三叉神経を通って脳のバランスを崩すことにつながり、 脳障害や自律神経失調症を招くことにもなる。


また、かみ合わせが低くなると、下顎頭A(図2)が、頭の骨の側頭骨にガンガンぶつかるようになり、 口が開きにくくなったり、カクカクと音がする症状が出る。 この側頭骨には、耳の平衡感覚をつかさどる三半規管や聴神経があるため、この部位の障害は耳鳴り、 めまい、神経痛、頭痛などの症状に関係してくる。このように歯のかみ合わせは、 首の骨や頭の骨との物理的な作用と脳の生理的な作用の両面から全身と関係しているのである。

体の歪みが分かるモアレ写真

モアレ写真 治療前 次へ モアレ写真 治療前
治療前   治療後

テンプレートの安全性について

テンプレートの材料は、義歯(入れ歯)の材料で歯科用メタアクリレート樹脂で、 その安全性は確立されています。つまり無害です。真ん中の金属が合わない人は殆んどいませんが ”金属アレルギー”の場合は、金属の種類を変えることができます。

テンプレート テンプレート装着時

テンプレートの特徴

  • 下顎のみに固定する
  • 上下顎の可動性が保たれる
  • 拳上量が大きい(臼歯部で約12mm)
  • 下顎を前方に誘導させる
  • 材質はアクリルレジン