歯周病治療



歯周病とは

歯周病と言う病気をご存知ですか? 新聞やテレビ等で、見たり聞いたりしたことのある方もいるかもしれませんが、 現在成人の約8割の人が歯周病にかかっていると言われています。 歯周病は、歯の周りの歯茎や歯を支える骨などが細菌感染により破壊される病気です。 ひどくなると歯を支えている骨(歯槽骨)がとけて、歯を失うこともあります。 歯周病の恐ろしい点は、軽度・中等度の段階ではあまり痛みを感じることがなく症状がどんどん進むことです。 腫れや痛みの症状が出てくる末期になってからでは、抜歯せざるを得ない場合もあります。

このような症状がありませんか?
歯茎がむずがゆくなる
歯茎が赤く腫れて出血がある
歯石が沈着する
歯茎がやせてくる
歯茎から膿(うみ)が出てくる
口臭がする

当てはまる症状がありましたか?ひとつでも当てはまる項目があった方は、歯周病に罹っている可能性があります。 早めに歯周病の検査を受け、必要な歯周病治療を受けることをお勧めします。


歯周病の原因

歯周病最大の原因は、常に口の中に住んでいる数種類の常在細菌です。 この細菌が集合して活動することで歯垢(プラーク)が形成されます。その中で酵素や毒素が発生し、 歯ぐきだけではなく歯を支えている骨まで破壊していきます。ひどい場合には歯が抜け落ちてしまいます。
また、プラークが長く歯の表面に付着してると、プラークは硬い歯石になります。 こうなると細菌の活動はなくなるのですが、表面がザラザラしているため一層プラークが付きやすくなります。

初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がありません。歯周病が、小学生の頃から始まっている人もいます。 そのため発病に気付かず、悪化させてしまうことがよくあるので気をつけましょう。


歯周病の治療ってどんなことをするの?

歯周病の原因である歯垢、歯石を取り除き、再びつかないようにコントロールすることが基本です。 正しい歯ブラシ・歯間ブラシの使用方法で、歯の表面を歯垢のない清潔な状態に保ち、 歯周病菌の繁殖を防ぐことが最も重要です。 さらに、歯茎の中まで入っている歯石を完全に取り除き、歯の表面を滑らかにして歯周病菌を徹底的に除去します。 この過程では、歯茎に麻酔をして処置をする場合もあります。 重度の歯周病では、痛んだ歯茎や骨に対してさらに徹底して歯周病菌が繁殖しこくい状態にするために歯茎を 切開する治療が必要な場合もあります。
しかし、歯周病は再発しやすい病気です。健康的な歯茎を取り戻したら、その維持のために専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けるが大切です。

当院では、日本歯周病学会指導医をはじめ歯周病治療を専門とする歯科医により治療を進めていますので、 安心して御相談下さい。


歯周病の進行状態

進行状態その1

健康な歯の状態

 
進行状態その2

歯の付け根や表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。 ブラッシングしたときや、固いものを食べると出血することがあります。 これくらいではまだ痛みもあまりありません。(この段階を歯肉炎といいます)

 
進行状態その3

プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって、歯根膜が溶け、歯肉溝の中にも広がってきます。 歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間が出来ます。 炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。

 
進行状態その4

症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、 歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。 その状態を一般に歯槽膿漏(しそうのうろう)といいます。


治療方法

  1. 綿密な検査をして歯周病になっている原因を調べます。レントゲンを撮ったり、 歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で 磨いていないか調べます。
  2. 歯周病の大きな原因である、歯石を除去します。歯石が付くのは、 正しいブラッシングが出来ていないためです。専門の歯科衛生士によって正しいブラッシングをお教えします。
  3. 歯周病のなおり具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らないときには、 外科的な治療が必要になることもあります。初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。 歯肉(歯ぐき)を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。
  4. 歯周病は治ってからが肝心です。3ヶ月から6ヶ月に1回は定期検診を受けるようにしましょう。 歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります。 歯周病は早期発見・早期治療が一番です。