入れ歯(無痛義歯)



ご自分の入れ歯にご不満の方だけご覧下さい

痛くなく、よく噛め、何でも食べたい

無痛義歯は単なる入れ歯ではありません。 痛くなく、よく噛め、何でも食べられる精巧にできた人工臓器です。

今まで、いろんな歯医者で入れ歯(総義歯)を作ったけど、痛くて噛めなかった、 歯並びとか口元の感じも満足しなかった。費用がかかっても良い、何でも食べられる、 歯並びも自然(義歯に見えない)見た目も良い義歯を入れたいと思っていらっしゃる方は、 是非ご検討下さい。

大きくもなく、小さくもなく、ゆるくもなく、きつくもない、 邪魔にならなくてしっかりしていて、痛くもない、 良く噛めるそんな入れ歯を目指しています。患者様のご不満、ご要望を聞き入れ、 『患者様と歯科医師と技工士』3人でつくる入れ歯です。

三人の共同作業


宅急便で届いた入れ歯(義歯)

何のことかお分かりになるでしょうか。歯科医院で型をとり、 出来上がった義歯を患者様のご自宅に宅急便で送って使ってもらったところ、 どこも痛いところもなく、硬いものも良く食べることができたという当院にお見えになった ある患者様のお話です。通常は、歯科医院に行って作った義歯を入れます。 たまたま事情があり、当院にいらっしゃることができなくて、宅急便で義歯を送り、 口の中に入れてもらったところ、どこも調整することなく満足する義歯ができました。

私の理想とする義歯は、作ったあと何回も調整しなくて良い、痛くない義歯です。 後処置のいらない義歯です。義歯で悩んでいらっしゃるあなたも思っていらっしゃることは 同じではないでしょうか。義歯を作って、30年患者様に満足頂ける義歯ができるようになりました。 その義歯は、パイロットデンチャー(治療用義歯)を使って、型をとり仕上げる無痛義歯です。 その作り方を説明いたします。

喜びを噛みしめるための数ヶ月

喜びを噛みしめるための数ヶ月

出来上がるまでの期間は通常1ヶ月〜3ヶ月、上記のようなプロセスで出来上がります。

術前の写真 次へ 完成した義歯 次へ 治療用入れ歯で型を採ったもの 次へ 右が治療用入れ歯 左が完成義歯
写真の条件の悪い顎堤がない(土手がない)患者様でも「痛くなくよく噛める」入れ歯を作ることができます。   完成した義歯   治療用入れ歯で 型を採ったもの   右が治療用入れ歯
左が完成義歯

無痛義歯の症例

症例その1

Nさんは、義歯では何も食べられない。ご飯も食べられない、 毎日カロリーメイトを食べていました。なんとか食べれる義歯を作って欲しいと言って来院。 顔色も悪く痩せていました。口の中を診ると、土手(顎堤)がない状態でした。普通に作って、 難しいケースです。パイロットデンチャー(治療用義歯)を一ヶ月ほど使用、 ある程度食べられるようになってから、パイロットデンチャーで1日使いながら、型を取りました。 出来上がった義歯で何でも食べられるようになりました。
ご覧のように顔色、表情も良くなりました。

症例その1 旧義歯 症例その1 新義歯

症例その2

Oさんは、近所の歯科医院で入れ歯を作ったが、痛くて食べられないということで来院。 無痛義歯を作りました。2ヶ月程で無痛義歯が出来上がりました。 出来上がった義歯1回も調整しませんでした。8年経過して、久しぶりに歯が欠けたといって、来院。 8年間ほとんど痛みなく、なんでも食べることができたそうです。
パイロットデンチャー(治療用義歯)を使ったこの無痛義歯は、日本一の義歯職人と言われている堤嵩詞氏が作ります 後でほとんど痛みがなく、調整しなくてよい義歯です。無痛義歯の患者様皆さん満足されています。

症例その2 旧義歯 症例その2 新義歯